国宝・羽黒山五重塔は、約600年前に再建された東北地方最古の塔。この木造建築の耐久性を現代の建築技術に取り入れた「郷の家」。夢ハウスの強さは、日本古来の伝統建築1400年以上の歴史が証明します。



柱はすべて4寸(12cm角)、木材の使用量は一般工法の約2倍。寸法・バランスなど高度な建築技術が要求される木組みを、夢ハウス独自の乾燥技術による狂いのない無垢乾燥材が実現。自社工場で真壁パネルを製造することにより、高級仕様を低コストで実現可能になりました。

 



郷の家の土台には、樹齢1000年を超える天然ヒバ材を使用。緻密な木目・堅い樹種で家全体の重量を支えます。ヒバ材が放出する天然成分ヒノキチオールで白アリも腐朽菌も寄せ付けないから薬品処理は一切無し。1400年の歴史をもつ世界最古の木造建築、法隆寺にも使われています。






基礎には木炭塗料ヘルスコ・キュアーを塗布。木炭の優れた調湿作用で湿気による床下の結露を防止し、シロアリやダニなどの害虫やカビの発生を防ぐことができます。